和歌山市内の病院に勤める看護師の娘から教わった病気の予防法

冬ならともかく鼻水や鼻炎、誤嚥、後備漏などで苦しむ人が増えたという事実があります。
現に耳鼻科は、夏の季節でも結構多かったりします。冬になって慢性化する人が多いからです。さまざまな要因が考えられます。密閉した空間の中だったり人ゴミの中だったりとほこりの舞う状況であればアレルゲンや感染症だったりと感想した状況であればすぐに感染します。

体調にもよります。体調が悪く、体力が落ち、免疫が落ちるからすぐに感染症に感染します。上咽頭という鼻の中の器官です。乾燥しやすく、空気加湿器をつけたりまめに水を飲んだりマスクをしたりして。乾燥から守らなくてはなりません。なにも夏だけでなく冬など乾燥しやすい時期は、徹底的にやらないとすぐにインフルエンザや風邪など感染症に直ぐなります。

まめに水分をとるのは、なにも体の中の水分補給だけでなく喉等を潤すという役目を果たします。しかし、喉にへばりつくようなゼリーや青汁などは、体には良いのですが、喉に摩擦が置きやすいのであまり感心しません。できれば、さらっとしたもので水のように刺激が少ないものがいいと思います。

話は変わりますが、ビオチンはいいです。ビタミンの中でも炎症を抑える役目があります。この成分が入っているものを飲むと割りと、鼻水などに効果があったりします。2週間位液体のものを続けてみましたが、割と効果がありした。それと同時に鼻が詰まったかなと思った時、ハナノアなどで、鼻にあまりの無い生理食塩水で、鼻を洗いました。やりすぎると鼻水が止まりません。適度に決まった時間に洗う事で、ばい菌を鼻の中に溜めないということを頭においておくといいと思います。私も失敗し一時鼻洗いなしでは、生きていけない状況になりました。歯磨きと同じと鼻洗いに関しては思ったことがありました。これに関しては1日の制限を自分に設けるといいと思います。栄養面と鼻荒いこれしか自分で出来る事はないと思います。

娘が看護師なので、こういった予防方法などを丁寧に教えてくれるので本当に助かっています。娘はhttp://看護師求人和歌山市.com/というサイトを利用して転職をしたそうですが、新しい職場にやっと慣れてきたそうです。娘も言っていましたが、高齢化社会がすすみ、医療費もバカにならないので、自分で予防できることは、自分で予防したいものですね。

Posted in blog by wvalley